So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘブンスそのはらに行ったのはちょっと時期が遅かったかな〜 [ゲレンデ・ツアーレポ]

3月20日の連休の中日にヘブンスそのはらに行ってきました〜。
まずは写真集〜!

ここ3年くらいは毎年1回は行っていますね〜。
高速〜駐車場まで雪は全くなくらくちん運転!そして車はゴンドラ近くに停めることができました。
8:30からのゴンドラ運行に対し8:15からのチケット販売でちょっと気がもまれます。
でも、お客さんはさほど多くなかったのでスムーズに乗ることができました。


おぉ〜グリーンシーズンの様な景色だ!このあと雪が見え始めてワクワクしてきました!

まずゴンドラを下りてすぐのところが初心者コース。とは言っても、朝イチはカリッカリでちょっと大変。
さくっと頂上まで登りました。
そこから展望台まで上がるのですがスキーを脱いだところでパシャリ。

自分の以外はELANの板となりました。

標高1602mからの眺め〜といっても雲が多かったです。

気温は+4℃。0度の文字が大きくて「マイナスの気温か〜」と思っちゃいます。

ずいぶん雪は減っていますがコース上はちゃんとキープできていました。ただ、りんどうコースは通れなくなっていたのは残念でした。

お〜ずいぶん晴れてきた!

ここは名所のコブコース以外でも2か所ほどコブになっているところがあるので子供らも楽しんでいました。

ん?コブの谷を避けてすべってるな〜(笑)


さて、お昼は薪ストーブっぽいものが外にあるお店で。窯焼きピザもあるようですね。


で、食べたのはこれ。

今回はデザートにリンゴソフトクリームも食べました。

すっきりさわやかな味!


さ、お昼からも滑りました。
とはいえ、さすがに斜面が緩んでぼこぼこになってくると滑りづらい!何本か初心者コースを滑ってほかの家族は上がることとなりました。
こんな時には、しっかり脚を伸ばして切る様に滑るとデコボコに負けない、というのは後で気づきました。

で、1人になってくるところといえば・・・

コブ〜!
今回は7本連続で滑りました。ん〜ずいぶん分かってきたかも。
でも上から下まで何もなく滑り降りることはできませんでした・・・そんな横を小学生ぐらいの兄妹がすい〜と行くもんだから・・・(涙)

お決まりの雪だるまを作るためにちゃんとガチャガチャの入れ物も持ってきています。

しっかり滑って満足したので降りることにしました。

さて、2年連続行きそびれているご飯やさんに向かうことに。
1年目:お風呂を優先したら行った時には真っ暗。
2年目:今年こそは!と行ったものの、駐車場に止めた時点で電気を消される・・・。

その店でのお目当ては・・・熊肉!
開いていたので入ってみたものの、メニューはうどんとかそばとか、そんなのだけ。
店の人に聞いたら、もう時期的に遅くてやってないんですと!またしても!!
でもそこで、「あそこならやってるよ」という店を教えてもらい、いざ峠越え!←あ、越えるほど遠くはなかったかな。

のれんが掛かっていたので「こんにちは〜」と入っていったけど反応なし。
裏から入ったらやっと店の人が出てきてくれましたが「お昼にしかやってない」と。
え〜まじで〜!と心の中で叫んでしまいましたが、そしたら
「もし、どうしても食べたいというのなら・・・」というので次の言葉に期待したら
「お昼までに来てください!」だって!!膝かっくんされた気分!

せっかくなので店の目の前のこんなところや

こんなところを見てから

こんなところに来ました。

おいしいわき水に出会えました。


さて、今回の温泉はここで!

大きなお雛様が飾ってありました。
アルカリ性なのかな、つるっとした肌触りでした。


さて、夕食はその温泉街からほど近いところのお肉屋さんで教えてもらったうどん屋さん。

お〜なかなかおしゃれな感じですな〜。
限定5食のカレーうどんもありました。

今回は麺だし4つ注文。

そしてふきのとうの天ぷらも!
つけ麺の汁はニンニクがきいている!これは意外なおいしさでした。

みんなで回したべをしてぺろっと平らげました。

帰りはスムーズに2時間ちょっとで到着。お疲れ様でした。

と、お肉屋さんで買った馬肉の刺身を食べて寝ましたとさ。

盛りつけもな〜んもしてません。

来年にはまた熊肉にチャレンジだ〜!

さて、今回妻の板はおニューとなりました。

以前のものは2本で5.2kg

今回のは2本で3.6kg!おぉ〜ずいぶん軽い!
滑りの方も軽くて回しやすい、とのことでした。気に入ってもらえてよかったな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0